二要因理論(衛生要因)

どういう時に人のモチベーションはあがるか。モチベーションのメカニズムから見ていきましょう。


スタッフのモチベーションについて考える時、参考になるのがアメリカの臨床心理学者F・ハーズバーグという人の提唱した「衛生要因」と「動機づけ要因」という考え方です。


これは二要因理論とも呼ばれるもので、仕事におけるモチベーションは、ある特定の一要因が満たされると上がり、不足すると下がるというわけではなくて、「満足」に関わる要因(動機づけ要因)と「不満足」に関する要因(衛生要因)は別々のものであるとする考え方です。


「不満足」に関する要因は、衛生要因
「満足」に関わる要因は、動機づけ要因
と言われるのですが


「衛生要因」、これが満たされてないと不満が生じてしまう要因、として主に挙げられるのは給与、対人関係、会社の政策や管理方式などです。

このあたりの要素が不足すると、確実に不満足を引き起こす一方、満たしたからといっても満足感につながるわけではないというものです。
自分があってしかるべきと考える給与の水準より実際の金額が低いとモチベーションを下げてしまう反面、いくら給料を上げたところでモチベーションに関する問題をすべて解決できるわけではありません。


衛生要因とされる事項、例えば給与、休日のような事項の整備は一時的にモチベーションを上げることも可能ですが、あくまでも不満を予防する意味しか持ちません。