圧倒的なスキル

次リーダーシップに必要な要素として2つ目に挙げられるのは
圧倒的なスキル」です。


例えば、野球を学ぶにあたって、たとえ同じ内容のアドバイスであっても 元プロ野球選手が言った言葉と、近所のおじさんが言った言葉では印象がまったくことなります。
 
人は自分が能力を認めた人の意見は素直に聞き入れることができます。


リーダーの立場に一度立ちますと、主な業務は全体を見渡してそのバランスを管理することや会社の未来について考えることになって、プレーヤーとしての業務はぐっと減ってしましますが、


たまにはそのスキルを披露するというのも、リーダーシップの面から考えると有効かもしれません。
たとえたまに厳しいことを言っても、リーダーにスキルの裏付けがあると、スタッフ側の納得度も随分変わってくるかと思います。