働きアリの法則

モチベーションの原理原則や、人事、指導法についてお話しさせていただきましたけども、それでも組織にいる人間全員が前のめりになって働いてもらうというのは、なかなか難しいと思います。


それは組織というのは人の集まりである以上、集団心理というものが働くからなんですが、例えば、「働きアリの法則」というものがあります。

 

この「働きアリの法則」というのは、100匹の働きアリを細かく観察すると、そのうちの2割が良く働き、6割が普通に働き、2割が全く働かない状態をになり、これが人間の実社会における集団においても当てはまることから、この20対60対20の状態を「働きアリの法則」と呼ぶそうです。


ならば、働かないアリ2割を取り除けば、精鋭の集団になると思われるかも知れません。そこで、働かないアリ2割を実際にそこから取り除くとどうなるでしょう?


なんと、残った8割のうち、2割が良く働き、6割が普通に働き、2割が再び全く働かないようになるそうです。常に「2:6:2」の比率になるのです。


リーダーがどれだけ工夫に工夫を重ね、スタッフのやる気を引き出そうとしても、なかなかうまく動いてくれないことは、どんな集団においても頻繁に起こる出来事ですし、 この「働きアリの法則」も一つの原因かもしれません。


勿論、リーダーとしては、すべてのスタッフが良く働く、モチベーションの高いスタッフになってもらう努力を怠ってはなりませんが、かといって全てのスタッフのモチベーションをあげられなくても、リーダーはそれほど気を病む必要はないと思います。

 

あまり神経質にならず、「そんなものか」と呟く。それもリーダーシップのひとつかもしれません。